クレジットカードは支払いやキャッシングだけに役立つだけではなく、海外のホテルなどで信頼の証としても利用できます。
デポジットをクレジットカードで支払うことで、宿泊者としての信頼をホテル側に知ってもらうことが出来るのです。 クレジットカードを利用してある程度高額な商品を買う時には、分割払いやリボルビング支払を選ぶこともあるでしょう。
そんな時でも手数料負担を考慮してあまり利用が重ならないように賢く使っていくようにしましょう。
クレジットカードの支払方法を選択する時には、必ず手数料について考えてから決定をするようにしましょう。
基本的には手数料の発生しない1回払いや2回払いなどを中心に利用をしていくことが重要となります。

 

実際にクレジットカードを利用する時には各支払方法のメリットやデメリットをよく理解して上手に利用しましょう。
支払い困難へと陥ってしまいカード破産を招いてしまっては元も子もありません。



クレジットカードの支払い方法ブログ:10 9 18

好き嫌いが結構あり、
砂糖たっぷりの甘くてテカテカな卵焼きが苦手だったぼくは、
小学校5年生の時、
隣の家で仲間の母が作った卵焼きを食べてびっくり!

水でのばしてあって、ニラが入っていて醤油味。
お好み焼きみたいにふわっとした卵焼きで、
そのおいしかったこと!

その時初めて、
「自分で工夫して作ればいいんだ!」と
ぼくは気づいたのです。
その頃からよく自分で料理をするようになりました。

手のかからないお子さんだと言われましたが、
単に自分の食べたいものが食べたいという
わがままだったのかもしれませんね。

好き嫌いがあるのは、
おいしいものを知らないからで、
おいしいものに出会えば好きになると思うんです。

ぼくの母の定番といえば、
「煮しめ」でしょうか。

学校から帰ると七輪の上に鍋がのっていて、
日々コトコトと煮る煮物のいい匂いがしていました。

味噌のついた真ん丸いおにぎりと一緒に
煮しめを食べるのがぼくの日々のおやつでした。

他に好物といえば、具だくさんのみそ汁。
裏の畑でとれた新鮮な野菜がたっぷり入っていました。
煮干と昆布のシンプルなだしが、素材の味を引きたてていたのだと思います。

塩トマトも好きでした。
ボールに切ったトマトと塩を入れてかき混ぜてから、
少しずつご飯にのせて食べると実においしい!
「行儀が悪い」と怒られるので、よく隠れて食べたものです。

それとやっぱりご飯、白いお米にはこだわります。
ぼくは納豆をご飯にかけず別に食べますが、
その理由は、おいしいお米の味をゆっくり味わいたいからです。
お子さんの頃から素材派だったんですね。