パソコンか携帯電話があればいつでもどこでも買い物をすることが出来るようになり大変便利な世の中になりました。
しかし支払いには多くの場合でクレジットカードが必要となりますので、一枚持っておくと良いでしょう。 学生向けではない一般のプロパーカードは年会費を必要としますが、学生向けのクレジットカードは年会費が無料となります。
つまり実際に持っていて利用をしなくても決して損をしてしまうことは無いのです。
学生は収入が無いことからクレジットカードを作るのが難しいと考えている人が多いですが、それは間違いで比較的簡単に作ることが出来るのです。
学生向けのクレジットカードにも様々な種類がありますが、三井住友VISAカードやJCB、三菱東京UFJニコスなどといったプロパーカードがオススメです。

 

学生向けのクレジットカードはあくまで学生が使用するために作られるクレジットカードということから利用限度額は低く設定してあります。
中には5万円までと少額となっているものもありますが、一般的には10万円程度で設定されています。

フコイダンの詳細
http://daiichi-sangyo.com/



学生でも契約することの出来るクレジットカードブログ:18 9 18

小学校は義務教育なので、
入学試験を受けることなく入学できる。

なのでどの小学校も
子供たちの学力の低さに悩まされている。

それゆえお母さんたちの中には
我が子供だけはそうなって欲しくないと、
私立学校に通わせたいお母さんたちが出て来るのは当然の現象であって、
そこで子供の間で「お受験」が展開されることになる。

お受験はマスコミや知識人たちから批判の対象になっているのだが、
脳科学的に言うなら、脳の臨界期に受験するのは、
子供の脳の成長にとって非常に素晴らしいことになる。

受験する子供たちは
受験勉強をすることになるのであって、
その間、ずーっと脳のシナプスを
大量に増やしまくることができるようになるのだ。

普通の子供たちが幼稚園で遊んでいる中、
受験をする子供たちは受験勉強しているのだから、
頭が良くなるのは当たり前のことである。

幼稚園だからといって幼稚なことばかりしていては、
その子供にとっては最適な環境であるかもしれないが、
果たして最適な環境にいることが
本当にその子供のためになるのかどうかは解らない。

ちなみに 
私立の小学校を選ぶ時は、
自宅から遠すぎる小学校を絶対に選ばない方が良いと思う。

子供にとっては自宅から遠い小学校に通わされては、
その通学が非常に苦痛になる。

通学期間は6年間もあるので、
通学のために大量の時間が奪われてしまっては、
大損害になってしまうからだ。

それと我が子供を私立学校に通わせるのなら、
父親とお母さんで話し合って、
合意しておくことが非常に大事!

時間はたっぷりとあるのだから、夫婦で話し合い、
小学校に行って、その小学校が本当に素晴らしいのか
自分たちの目で確認することをお勧めする。

――――――以上で今日の報告を終わります。